30代から40代アラフォー世代の人妻・熟女風俗求人
30代から40代の人妻熟女風俗求人|風俗アルバイト40 > 30代の人妻・熟女風俗求人 > 男性に聞いた30代になったら注意すべき「痛い女」の共通点
h1>男性に聞いた30代になったら注意すべき「痛い女」の共通点
30代の人妻・熟女風俗求人
痛い女…そう呼ばれる人は自分がイタイと気付いていないもの。

そこで「もしかしたら私も…」という人の為、男性に聞いた痛いオンナとはどんなタイプかリサーチしてみました。30代の女性は特に要注意ですよ!!
私に一切関係ないという人や、今仕事(求人)探しでそれどころでないという方、はたまた私は風俗の仕事をしていて人にどう思われても構わない、痛いと言われてもいいという女性、色んな方がいらっしゃると思いますが、そういう女性もぜひ読んでみて下さいね。何かの参考になるかもしれません。

まず男性が思う、痛い女のビジュアルから。まあ簡単に言うと場違いな服やメイクをしてくる女性のようです。例えばフリフリの可愛らしい服、ゴスロリ系のファッションを着てくるとか。もちろん、その女性に似合っていれば問題ありませんが…。

化粧の仕方も流行りのメイクをしているものの、無理してる感や下手過ぎる感が出ているとか。あと、ヤラシイくらいにブランド物に身を包んできて、それをアピールし過ぎる人もイタイと思われるようです。

もしも、30代の女性で求人で見つけた風俗の仕事をして高収入を稼いでるからといって、まわりに高級ブランドをアピりまくるのは、やめた方がいいかもしれません。

続いて内面的なこと。男性からすると可愛らしい女性は大好きなのですが、それが行き過ぎると痛いオンナとされます。昔で言うブリッ子ですね。とにかく男に媚びを売る感じ。これは同性からも反感を買います。

あと、空気をまったく読めない人、上から目線でものを言う女、人の話を聞かずに自分のことばかり喋る女性、全く会話が出来ないコミュニケーション能力が極めて低い人などなど、挙げればキリがありません。

上記で自分にも思い当たる節がある方は気をつけた方がいいかもしれませんね。これから30代になる女性、とくにOLさんや仕事をしようと求人を探している人、風俗やキャバクラで働いてる女性たちは、職場で痛い女だと思われたら仕事、すなわち給料にも影響しかねますからご注意を!