アラウンド40世代の風俗のアルバイト応援サイト
風俗アルバイト40 トップ > 風俗用語辞典

用語はしっかり覚えて風俗で稼ぐ目標をはやく実現!

アラフォーと呼ばれる30~40代前後から風俗デビューし成功した人もたくさんいます。
接客のプロとして働き高収入を実現するためのオトナのお仕事接客に役に立つ用語を辞典風にまとめてみました。

調べたいことばの頭文字をクリックしてお調べください。↓

あ行
 愛液(あいえき)
女性が興奮した時に膣から出る分泌液。女性の欲情の度合によって量も異なるので、多ければ感じているといわれる。男性の欲情を誘う言い方としてラブジュース、愛液、まん汁とも表記されることがある。
 愛人(あいじん)
一般的に男性が不倫相手の女性に対して使用されることが多いが、元々の意味は恋愛している異性のことを指します。
 アイコラ(あいこら)
ヌード写真などの顔の部分に、芸能人などの有名人の顔だけ切り取って合成しあたかもアイドルなどのヌード写真のように見せた合成画像のこと。アイコラージュの略。
 相舐め(あいなめ)
頭と足を反対同士にして向かい合った男女が互いの性器を口で愛撫し合い、性感を高め合うシックスナインなどのセックスの前戯。デリヘルやヘルスでのプレイのメインになることも多い。
 愛撫(あいぶ)
指や口、おもちゃを使って性的興奮を高める行為。手マン、クンニなど前擬に用いられる撫でて愛しむプレイの総称。
 相惚れ(あいぼれ)
一般的に芸者や芸者遊びをする人の間で使用される言葉としてキス(接吻)のことを指す。他には「さしこみ」「さしみ」とも呼ばれる。
 アイマスク(あいますく)
視覚を不能にすることで聴覚・嗅覚・触覚が敏感になり性的興奮が高まるのを利用する。SMプレイでの責め具のひとつや、イメクラでのイメージプレイを楽しむために使用されることがある。
 アウターラビア(あうたーらびあ)
大陰唇にピアスをすることを意味します。小陰茎にピアスをすることをインナーラビアといいます。
 喘ぎ声(あえぎごえ)
セックスや愛撫の最中、感じたときに女性が出す声のこと。興奮したり感じたりして、呼吸が速くなりことを「喘ぐ」といいそのときに発する声のこと。声の大きさに比例して、男性は興奮度を増す。
 青姦(あおかん)
野外でセックス行為を行うことを指す。人目につきそうな場所でより興奮度を増すために行われる。主に深夜の駐車場や公園、路地裏などが主だといわれるが、公然わいせつ罪になる可能性もあるのでAVなどで見るだけの楽しみにした方がいいかも。
 青線(あおせん)
無許可で売春などを行う非合法売春地帯のことを青線という。「料理店」などの名目で営業許可して、実体は売春を行う店が連なっている歓楽街。昭和21(1943)年の公娼制度廃止後、警察が赤線と区別するため地図上で青線で囲んだことから呼ばれた
 青田(あおた)
女陰を意味する隠語として用いられる。"種をまく場所""という意味で、江戸時代に使用された言葉。"
 赤貝(あかがい)
本来、魚介類に属す赤貝のことですが、大陰唇及び小陰唇を広げた状態が赤貝に似ていることから使われるようになった。妻の女性器を指す際に用いられることが多い。
 赤線(あかせん)
戦後に横行した売春を限定許可させた区域の境界線。警察の地図に赤い線で囲ってあったのが由来。赤線内に売春を目的とする特殊飲食店を集め規制、管理させるのが目的であった。川崎や飛田新地が有名。昭和33年売春防止法施行で廃止に。
 赤ちゃんプレイ(あかちゃんぷれい)
お母さんに見立てた嬢に甘えるというプレイで、近年熟女風俗店の人気で都心では専門店ができるほど増え始めたプレイといえ、40代前後の女性の風俗店ではお願いされることが多い可能性大。
 赤マン(あかまん)
生理中の女性、もしくは生理中の女性器の意味を指す隠語として用いられる。若い世代ではその赤い色からケチャップソースからきたケチャマンとも言うことがるらしい。
 あがる/あがり(あがる/あがり)
もしくは仕事が終わり、お店・事務所から帰ることを指す。業界から足を洗う(辞める)ことも「あがる」ともいう。
 アクメ(あくめ)
"イク""こと。快感が絶頂に達したといのことを女性的に表現した言葉。エクスタシー、オルガズム、オーガズム、クライマックス、フィニッシュなどとも言う。"
 あげまん(あげまん)
一般的に男性側からみてセックスをすると運気が上がる女性のことを指す。逆に運気が悪くなるのは"さげまん"と言われている。
 足つき(あしつき)
風俗のお仕事でよく使われる"あし付き"でとは"交通費あり"、もしくは"送迎あり"を表します。
 足コキ(あしこき)
女の子がお客様の陰茎を、足で挟んで快感を与えるプレイのことを指す。脚フェチのお客様にパンスト履いた足コキはAVではよくみられ頼まれることも比較的多いです。
 脚フェチ(あしふぇち)
男性が女性の脚に特別な性的嗜好を持っている場合を指す。フェティシズムを表すことば。風俗ではオプションでストッキングやガーターなどを注文するお客様が多いのが特徴。
 アップタイム(あっぷたいむ)
ピンクサロンやキャバクラ店内の照明を明るくし、飲んだり喋ったりすることを楽しむ時間帯のこと。
 アナル(あなる)
肛門のこと。アヌスとも言う。本来はアヌスの形容詞形で「肛門の」を意味するが、日本では広く慣用的に名詞的扱いをしているそうです。
 AF(あなるふぁっく)
風俗業界では「AF」と表記するアナルセックスのこと。おしり(肛門)にペニスを挿入するプレイ。膣への挿入行為が認められていないソープ以外のデリヘルやホテヘルでのオプションプレイとして用意されている。
 アブノーマル(あぶのーまる)
異常、病的、変態的、正常から逸脱している様のことをさすが、どこからが以上と表現するのかの線引きが難しく、個人の主観によってもさまざま。
 アポ(あぽ)
「アポイントメント」の略称。異性と約束を取り付けることを意味します。風俗業のお仕事ではお客様が予約することを指す場合もあります。
 アルサロ(あるさろ)
主に関西で用いられ、素人のアルバイトという触れ込みで女性がお客様の飲食の相手をする店を言うそうです。
 アリバイ(ありばい)
風俗店で働いていることを他人に知られないように対策する行為を指す。ラテン語の「alius ibi(他の場所に)」に由来し、事件などで犯行時間に自分が犯行に及べないことを裏付ける理由のことを指す。
 泡国(あわぐに)
ソープランドいわゆる合法風俗の中で唯一本番行為が可能な風俗を指す。金も他風俗に比べて高価で、通常フロントで入浴料を支払い、個室で女の子にサービス料を支払う。一般的に入浴料を1とするとサービス料は2の金額で、その合計が総額となる
 泡姫(あわひめ)
ソープランドで接客を行う女性を、ソープ嬢をこう呼ぶ。20歳以上に限るとしている地域がほとんどとなる。
 アンダーへアー(あんだーへあ)
性器のまわりに生えている体毛のことを指す。短くちぢれているのが特徴。陰毛とも呼ばれる
 アリバイ対策(ありばいたいさく)
風俗店で働いていることを家族・友達また周囲の人間に知られないようにする対策のこと。二つの電話回線を営業用と事務用に使い分けている場合が多く営業用は店名を名乗りお客さまの予約などを受け、事務用は店名ではなく会社名を名乗る。 多店舗を経営する大手グループの風俗店では実際に存在する別会社に登録しアリバイに使うお店もあり、こちらは実際の社員として名乗れるためさらに安心できるほか、名刺を作ってくれたり給与明細を発行してくれたりするお店までもあります。